新刊「2014 有機ELパネル印刷プロセス報告書」★2016年にはAMOLEDで印刷プロセスが実用化 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » 有機EL » 新刊「2014 有機ELパネル印刷プロセス報告書」★2016年にはAMOLEDで印刷プロセスが実用化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊「2014 有機ELパネル印刷プロセス報告書」★2016年にはAMOLEDで印刷プロセスが実用化

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「2014 有機ELパネル印刷プロセス報告書/ 2014 Solution Process OLED Report」の新刊のお知らせ

世界的視野で有機ELディスプレイ産業の動向、有機ELディスプレイパネルメ—カやプロセス・材料・装置メーカの事業の状況を網羅! 急展開するOLEDディスプレイ業界の動向を追跡調査!海外の大手OLED企業もこの報告書を購入されており、市場動向についてなど、内容についていはとても高く評価されています。

詳細・お申込み・サンプルについては、http://homepage2.nifty.com/lovejazz4/page5.htmlへお問い合わせ下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇ 新刊のご案内 ◇◆◇◆◇◆◇◆

2014 Solution Process OLED Reportでは、世界の有機ELのディスプレイ関係者からの最新情報を集約しております。

★調査報告書の内容
・ 有機EL製造への印刷プロセス導入の課題
・ RGBのAM-OLED製品の印刷プロセス製造技術のこれまでのトレンドと将来課題
・ 2016年には材料や製造装置の開発が完了するであろう
・ 蒸着法では6G以上の大型基板の製造は困難で、有機材料の使用効率が10%と低い
・ 印刷法ではシート状の8G基板の製造が可能で、有機材料の使用効率が100%と高い
・ 印刷法向けの赤と緑の発光材料は、蒸着材料並みの性能が出る。特に緑の開発が進んでいる。
・ 印刷プロセスの実現性をビジネスとして検証した
・ 2016年から2020年までの開発、OLEDパネル市場、材料、製造装置市場動向の予測
・ 印刷プロセスのAMOLED、PMOLED、有機EL照明パネルへの展開を分析
・ 印刷プロセスの企業動向調査

【製 作】 韓国 UBI リサーチ
【体 裁】 英語版、印刷、A4版、95ページ (プラスPDF版もあります)
【発刊月】 2014年11月
【価 格】 3,850 USドル

目次
UBI100.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ebrain3.blog5.fc2.com/tb.php/1113-0759f0fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。