新刊「2015 有機ELの封止技術・市場レポート」★封止装置の市場規模は2015年から2020年の間で5000億円規模 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » 有機EL » 新刊「2015 有機ELの封止技術・市場レポート」★封止装置の市場規模は2015年から2020年の間で5000億円規模

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊「2015 有機ELの封止技術・市場レポート」★封止装置の市場規模は2015年から2020年の間で5000億円規模

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「2015 有機ELの封止技術レポート/ OLED Encapsulation Report」の新刊のお知らせ

世界的視野で有機ELディスプレイ産業の動向、有機ELディスプレイパネルメ—カやプロセス・材料・装置メーカの事業の状況を網羅! 急展開するOLEDディスプレイ業界の動向を追跡調査!海外の大手OLED企業もこの報告書を購入されており、市場動向についてなど、内容についていはとても高く評価されています。

詳細・お申込み・サンプルについては、http://homepage2.nifty.com/lovejazz4/page5.htmlへお問い合わせ下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇ 新刊のご案内 ◇◆◇◆◇◆◇◆

OLED Encapsulation Reportでは、世界の有機ELのディスプレイ関係者からの最新情報を集約しております。

★調査報告書の内容
・ 現在のAMOLEDのフリットガラス封止技術と大面積やフレキシブルパネルでの課題
・ フレキシブルパネル向けの薄膜封止技術(Thin Film Encapsulation)の課題は多層膜を形成する複雑さ、パーティクル、均一性など
・ ハイブリッド封止技術は大面積やフレキシブルパネルで採用される将来技術である
・ トップエミッションの材料開発が進み、透明な封止技術の開発も進んでいる
・ 封止装置の市場規模は2015年から2020年の間で5000億円規模になるであろう
・ ハイブリッド封止技術はメタル基板市場を開花させ、その2015年の市場規模は80億円と予想

【製 作】 韓国 UBI リサーチ
【体 裁】 英語版、印刷、A4版、93ページ (プラスPDF版もあります)
【発刊月】 2014年11月
【価 格】 3,850 USドル

目次
UBI100.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ebrain3.blog5.fc2.com/tb.php/1112-2e80b5cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。