東京都、病院などの長寿命・省エネ化着手へ-65年以上の使用目指す - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » LED照明 » 東京都、病院などの長寿命・省エネ化着手へ-65年以上の使用目指す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都、病院などの長寿命・省エネ化着手へ-65年以上の使用目指す

低ノイズLED蛍光灯 病院、精密機械用LED照明 アイリスオーヤマ40W型 電源内蔵  ECOLUX LDG40S・N/20/20-LNP

価格:9,400円
(2015/3/3 06:40時点)
感想(0件)




医療介護CBニュース 3月2日(月)19時33分配信

 東京都は2日、病院や看護専門学校を含む公共施設の長寿命化や省エネルギー化などを柱にした維持更新計画を発表した。計画は来年度から10年間で、都内の356施設が対象。都財務局は「都有施設の目標使用年数を65年以上とする」としている。【新井哉】

 都有施設をめぐっては、1990年代に集中的に建設された施設が改修時期を迎えており、計画的な維持更新や、首都直下地震などに備えた防災対応、省エネルギー化などの検討が求められていた。

 こうした状況を踏まえ、都は維持更新の考え方として、▽安全・安心の確保▽環境負荷の低減▽将来コストの縮減▽利便性の確保―などを提示。改修などを行う医療関連施設として、都保健医療公社の東部地域病院(葛飾区)と多摩北部医療センター(東村山市)、都立北多摩看護専門学校(東大和市)などを挙げている。

 計画では、長寿命化の具体的な取り組みとして、改修施設の状況に応じた鉄筋腐食対策に加え、劣化に強い材料や工法の採用などを明記。省エネルギー化については、建築物の断熱性能の強化による熱負荷の抑制や、LED照明器具などの導入を挙げ、「設備システムの高効率化などを図り、一層の省エネルギー化を推進する」としている。

 都は概算事業費として7500億円程度を見込んでおり、施設ごとの整備費用は「最も適切な整備手法や整備範囲などの検討を行い、あらためて積算する」としている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ebrain3.blog5.fc2.com/tb.php/1108-3f8c4f92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。