セミナー:世界の有機EL照明及び材料・製造装置の開発・市場・製品化動向と将来予測 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » 有機EL » セミナー:世界の有機EL照明及び材料・製造装置の開発・市場・製品化動向と将来予測

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナー:世界の有機EL照明及び材料・製造装置の開発・市場・製品化動向と将来予測

~ 参入、事業拡大するために知っておきたいこと ~

本セミナーでは、世界的に有機EL照明市場が動きつつある中で、有機EL照明それ自体のみならず材料や製造装置などの開発、市場、製品化動向も概説する。

日時:  2014年3月25日(火) 13:00~16:30
会場:  東京・品川区大井町 きゅりあん 5階 第3講習室
受講料(税込):  42,000円 ( S&T会員受講料 39,900円 )
  上記価格より:(同一法人に限ります)
  2名で参加の場合1名につき7,350円割引
  3名以上で参加の場合1名につき10,500円割引

お申込は下記のリンクをクリック下さい。
http://www.science-t.com/st/cont/id/22442

講師: 分析工房(株) シニアパートナー Ph.D. 服部 寿

趣旨:
有機ELは小型ディスプレーでの実用化のほか、白色照明としても発光効率が蛍光灯に近づきつつあるなど、今後の市場拡大への期待が高まっています。本講演では、今後わが国がイニシャチブをとっていくための情報として、世界の開発動向のほか、アプリケーションも含めた最新の市場動向を詳細に解説します。


プログラム:

1.有機EL照明のアプリケーションと課題
 1.1 照明パネルの構造と製造方法
 1.2 LEDや他の照明と比較した特長とアプリケーション
 1.3 性能目標と価格の予測
 1.4 今後の課題
2.有機EL照明と製造装置・材料の世界の市場規模予測
 2.1 照明機器全体の市場規模
 2.2 有機EL照明機器の市場規模
 2.3 有機EL照明製造装置の課題と市場規模
 2.4 有機EL照明材料の課題と市場規模
3.世界での環境と安全への取り組み
 3.1 LEDに比較した有機EL照明の安全面の優位性
 3.2 LED照明の健康面でのリスク
4.米国・欧州・アジアでの次世代照明の産業振興策と企業・製品動向
 4.1 米国エネルギー省の開発振興政策
 4.2 EUの開発振興政策
 4.3 欧州各国政府の開発振興政策
 4.4 日本とアジア諸国政府の開発振興政策
5.次世代照明の標準化と市場拡大策
6.市販されている製品の性能と課題
7.米国・欧州・アジアの企業と開発・製造動向
 □ 質疑応答 □

お申込は下記のリンクをクリック下さい。
http://www.science-t.com/st/cont/id/22442



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ebrain3.blog5.fc2.com/tb.php/1080-3eabcac1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。