LED/パワーエレクトロニクス熱マネージメント、2020年に48億ドル、熱伝導ポリマが成長 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » LED照明 » LED/パワーエレクトロニクス熱マネージメント、2020年に48億ドル、熱伝導ポリマが成長

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED/パワーエレクトロニクス熱マネージメント、2020年に48億ドル、熱伝導ポリマが成長

ラクスリサーチ(Lux Research)によると、2020年のLEDとパワーエレクトロニクスの熱マネージメント材料は、2013年の18億ドルから2倍以上に成長して48億ドルになる。

メーカーが放熱を改善する、より経済的な方法を探しているので、熱伝導ポリマは市場シェアが飛躍的に伸びる。2013年の市場シェアは16%だが、これが2020年には40%に増える。

「小型化とパフォーマンスが機能向上熱マネージメント需要を創出しており、大幅な市場成長と技術シフトの原動力となっている。熱伝導ポリマは、既存のアルミの代替となる経済性、効率を備えており、市場でポリマ材料の重要性が増している」とラクスリサーチのアナリスト、Pallavi Madakasira氏は指摘している。

熱マネージメント市場の商機

・LED照明は市場の主要な牽引車。LED照明用熱マネージメントは2020年に2倍以上に成長して38億ドル。これを後押しするのは住宅および商業市場、自動車用LED。自動車向けは、2020年に7億3000万ドルに達する見込み。

・スマートフォンやタブレットで熱インタフェース材料が立ち上がる。スマートフォンやタブレットの熱材料市場は3倍以上に増え、2020年に3億ドルとなる。これら2つのエンド市場は重量やコストに敏感であり、二次的なヒートシンクよりも特殊熱インタフェース材料(TIM)に依存することになる。

・ソーラと電気自動車が最も急速に成長するが、ポリマの利用はほとんどない。ソーラインバータやハイブリッド電気自動車のパワーモジュール用の熱材料は2020年に1億7000万ドルに激増する。しかし、これらのアプリケーションではパフォーマンス要求がポリマ利用の制限となり、わずか数100万ドルにとどまる。

(Laser Focus World 10月18日)

口金E26 10.6W 冷却ファン付LED電球スポットライト省エネ・エコ商品

価格:1,580円
(2013/11/6 09:40時点)
感想(0件)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ebrain3.blog5.fc2.com/tb.php/1068-88c3959d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。