京大ら、ナノアンテナによってLEDの発光強度が最大60倍増強 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » LED照明 » 京大ら、ナノアンテナによってLEDの発光強度が最大60倍増強

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京大ら、ナノアンテナによってLEDの発光強度が最大60倍増強

京都大学工学研究科助教の村井俊介氏らが、ナノメートルサイズの金属粒子を 周期的に並べた構造(ナノアンテナ)を用いて、発光材料の発光強度を大きく増強したり、 発光の方向を制御できることを実証した。照明用の白色LEDにナノアンテナを組み入れることで、 従来に比べて高性能で省エネルギーな照明が開発できると期待される。 成果は、オランダのAMOLF研究所、フィリップス研究所との共同研究によるもの。 2013年5月10日付けの Light: Science amp; Applications に論文が掲載されている。 近年、金属特有の光学現象である表面プラズモン共鳴を用いて発光を増強する方法が提案され、世界中で研究されている。 例えばナノメートルサイズの金属粒子に光を照射すると粒子表面に表面プラズモン共鳴が励起され、 光のエネルギーが粒子表面に集中する効果が得られる。このように光を制御する効果をもつ 金属のナノ構造はナノアンテナと呼ばれる。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。