ストレスとハイテクが中国人から良好な睡眠を奪った―香港英字紙 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » 青色光の危険性 » ストレスとハイテクが中国人から良好な睡眠を奪った―香港英字紙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスとハイテクが中国人から良好な睡眠を奪った―香港英字紙

2013年8月9日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは記事「ストレス、肥満、電子機器中毒により多くの中国人が良好な睡眠ができなくなった」を掲載した。10日、環球時報が伝えた。
 
かつて寝坊は怠惰の象徴だったが、現代社会では寝たくても寝られない睡眠障害が深刻な問題となりつつある。ある調査によると、中国人の40%がなんらかの睡眠障害に苦しんでいるという。健康に悪影響があるだけではなく、生産性の低下や事故の増加など社会全体にとっても問題だ。
 
なぜこれほど多くの人が睡眠障害に苦しんでいるのか。最大の要因はストレスだ。不動産価格の高騰や就職難が目立つ北京などの大都市では調査回答者の80%は日常のストレスが睡眠に影響していると答えている。
 
さらにスマートフォンやタブレットの普及も要因の一つ。ついつい寝る時間が遅くなってしまうほか、夜中にいじることで寝付けなくなってしまう。また、肥満の影響もあるという。20~69歳の中国人のうち35%は肥満体重となっている。
  
(以上、レコードチャイナ の記事から)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。