LED照明は他のタイプの光源に比べて同様に安全 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » LED照明 » LED照明は他のタイプの光源に比べて同様に安全

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED照明は他のタイプの光源に比べて同様に安全

米国エネルギー省(DOE)は、すべての照明製品は、光の生物安全基準に適合しなければならないが、LED照明の青色光の危険性の面で、他のタイプの照明器具を以上に危険では無いと発表した。
 
毎年に数件の研究で、人間の視覚感度スペクトルの周辺にある青色波長領域において、LEDの過剰な青色光が危険であることが主張されている。
 
LED照明の網膜への危険性については、最近ではスペインの研究者からも発表があったが、暴露シナリオがそれほど現実的でないようである。
 
さらに、過度の青色光が私たちの概日リズムを乱し、他の病気を引き起こす可能性があることをという研究もある。
 
しかし、DOEのファクトシートは、全ての光源のスペクトルは、青色領域にもエネルギーを有すると説明している。青色は、適切な演色に必要である。また青色光は朝の覚醒に有益であることが証明されている。
 
DOEは、LED照明は他のタイプの光源に比べて、同じ色温度(CCT)の光よりも多くの青いエネルギーを持っていないと述べている。 LEDライトの青いエネルギーの過剰があった場合には、CCTに影響を与えるためである。過度に明るい危険な照明では、人間は​​ダメージから目を保護するために光を避ける行動をとる、と説明している。
 
もちろん、光が強い照明のすべてで目を損傷する恐れがある。DOEは、照明製品はCIE S009-2002、ANSI / IES RP27、IEC / EN 62471の光生物学的な安全基準を満たしている必要があることを明記している。
  
(以上、7月10日のLEDs Magazine の記事から)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。