自然の概日リズムが乱れ - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » LED照明 » 自然の概日リズムが乱れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の概日リズムが乱れ

人間の概日リズムは、生活している環境で生理状態を揃えるために、多くの世紀にもわたって進化してきた。
 
夜に寝て、日中に目を覚ましているということは、遠い先祖と同じように無数の世代のために生理状態を維持するように動作している。
 
眠っているべき夜間にコンピュータからの光にさらされることなどによって、体の概日リズムが狂ってくる。
 
この自然の概日リズムが乱れることは、睡眠パターンの狂いだけではなく、よりはるかに多くの悪影響を脳、肺、肝臓、心臓、骨格筋の健康に与える。
 
体は、実際に多くの内部クロックを持っており、それらはすべて熱やホルモンの放出を制御することによって、体を円滑に運営できるように努めている。
 
米国医師会からの報告書は、概日リズムの変化がもたらすことが健康上のリスクは、下記のように癌だけでなく、他の多くの病気についても述べている。
 
 ・乳がん
 ・肥満
 ・糖尿病
 ・うつ病や気分障害
 ・生殖問題
 
光と闇の自然な24時間のサイクルはサーカディアン生体リズムを正確に合わせ、中枢神経系と様々な生物学的および細胞プロセスの活性化、及び松果体からのメラトニン放出を維持するのに役立ちます。
 
夜間照明を過度に使用した場合は、これらの内因性のプロセスを破壊し、潜在的に有害な健康への悪影響の危険性が増大します。
 
(以上、The World's #1 Natural Health Websiteの記事から)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。