皮膚への青色照明の危険性 - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » LED照明 » 皮膚への青色照明の危険性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚への青色照明の危険性

慢性光線過敏性皮膚炎(慢性光線性皮膚炎、chronic actinic dermatitis)の患者に対しては、LED照明がたとえ紫外線を含まなくても、皮膚に湿疹ができたり、赤く腫れたり、うろこのようになって皮膚がめくれるなど症状を悪化させるとの事例が報告されているが、その明確な理由は不明である。可視光領域でも波長が短い領域の光によって、アレルギーの症状が出るために、蛍光灯をLED照明に変えても、青色付近の波長成分を減らさない限りは症状が改善しないようである。

また、青色などの波長域の光で、体内のミトコンドリアの染色体が破壊されることも知られており、強くて明るいLED照明を長時間使うことは、癌などのリスクを増大させる可能性もある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆LED照明と有機EL照明のコンサルティング
分析工房株式会社
ホームページへ⇒ 分析工房株式会社◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆世界の有機EL照明産業を地域別にブレークダウン!
「有機EL照明産業年鑑2012」
レポートの詳細な内容とお申し込み⇒ お申し込みサイト◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆LED照明産業を製品市場別・企業別にブレークダウン!
「世界LED照明産業年鑑2011」
レポートの詳細な内容とお申し込み⇒ お申し込みサイト◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆LED照明技術動向・開発動向を分野別に徹底解説!
「LED照明製品とその製品開発・製品戦略の現状と予測2011」
レポートの詳細な内容とお申し込み⇒ お申し込みサイト◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆LED・有機ELなどの新しい技術を用いた照明器具の特徴や使用する上
での注意点の解説。LED・有機EL照明製品のご紹介。
サイト⇒ LED照明・有機EL照明器具の選び方を考えよう!
サイト⇒ LED照明の用途
サイト⇒ LED照明の安全性と標準化
サイト⇒ 有機EL照明の動向
サイト⇒ LEDシーリングライト
サイト⇒ LED電球
サイト⇒ 家庭向けLED照明
サイト⇒ 直管LED
サイト⇒ 産業施設向けLED照明
サイト⇒ 店舗向けLED照明
サイト⇒ オフィース向けLED照明◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。