TOPAS2012プロジェクト - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » 有機EL » TOPAS2012プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPAS2012プロジェクト

OLED2015イニシアティブの第2フェーズとしてのTOPAS2012プロジェクト(Thousand Lumen Organic Phosphorescent devices for Applications in lighting Systems )は、その目標は燐光材による1,000ルーメン級OLED照明機器開発と、革新的な材料、建築用照明機器及び高効率OLED照明製造装置の開発で、BMBFのOPAL2008の後継プロジェクトである。目的は照明アプリケーション向けOLEDで青色を中心とした燐光材料とデバイス構造、蒸着装置などの製造装置の開発であり、OPAL 2008の研究成果を引き継ぐ。このプロジェクトでは寿命は1万時間以上を目標としている。高効率でCRIが80以上の高演色であることも照明機器として目標としている。開発担当・分担企業は
・OSRAM ・・・1m2サイズの透明OLED
・BASF  ・・・安定で効率的な青色発光材料
・Philips ・・・1000 lm光束出力のモノリシックOLED
・Aixtron ・・・有機物の蒸着コンセプトの製造装置
である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆LED照明技術動向・開発動向を分野別に徹底解説!
「LED照明製品とその製品開発・製品戦略の現状と予測2011」
レポートの詳細な内容とお申し込み⇒ お申し込みサイト◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆世界の有機EL照明産業を地域別にブレークダウン!
「有機EL照明産業年鑑2010」
レポートの詳細な内容とお申し込み⇒ お申し込みサイト◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆LED照明産業を製品市場別・企業別にブレークダウン!
「世界LED照明産業年鑑2011」
レポートの詳細な内容とお申し込み⇒ お申し込みサイト◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ebrain3.blog5.fc2.com/tb.php/1037-80306a6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。