欧州でのOLED照明の新しい開発プロジェクト - LED照明/有機EL照明分野の動向

LED照明/有機EL照明分野の動向 ホーム » スポンサー広告 » 有機EL » 欧州でのOLED照明の新しい開発プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州でのOLED照明の新しい開発プロジェクト

欧州でのOLED照明の新しい開発プロジェクトとしては、ドイツ教育研究省(BMBF)が支援し、世界のOLED市場(ディスプレイ、照明)全てでのリードを狙うSo-Lightプロジェクトがある。予算は1470万ユーロであり、2012年6月までに、OLED のサインや特殊用途の照明用途開発を行う。プロジェクトの開発の狙いは、
・新材料;透明材料、ドーパント、三重電極、マトリックス材料、導光材料
・光分布誘導のための新光学技術
・照明適用OLEDの特性評価技術
・低分子材料OLEDの更なるプロセス開発
である。重点適用対象は自動車、建築、大型ディスプレイ用バックライト分野である。

参画企業・機関は、Novaled AG (Dresden)、Sensient Imaging Technologies GmbH (Bitterfeld-Wolfen)、Fraunhofer IPMS (Dresden)、LEDON OLED Lighting GmbH & Co. KG (Dresden)、Aixtron AG (Aachen)、Fresnel Optics GmbH (Apolda)、Hella KGaA Hueck & Co (Lippstadt)、Siteco Beleuchtungstechnik GmbH (Traunreut)、AEG-MIS mbH (Ulm)、Universität Paderborn/L-LAB (Paderborn)、Westfälische Wilhelms Universität Münster (Münster)である。

さらに、ドイツ教育研究省(BMBF)が支援するOLED2015イニシアティブの第2フェーズとしてTOPASプロジェクトがスタートした。TOPASは Thousand lumen Organic Phosphorescent devices for Applications in lighting Systemの略である。目標は燐光材による1,000ルーメン級OLED照明機器開発で、革新的な材料、建築用照明機器及び高効率OLED照明製造装置の開発で、BMBFのOPAL2008の後継プロジェクトである。目的は照明アプリケーション向けOLEDで青色を中心とした燐光材料とデバイス構造、蒸着装置などの製造装置の開発であり、OPAL 2008の研究成果を引き継ぐ。このプロジェクトでは寿命は1万時間以上を目標としている。高効率でCRIが80以上の高演色であることも照明機器として目標としている。

開発担当・分担企業は
・OSRAM ・・・1m2サイズの透明OLED
・BASF  ・・・安定で効率的な青色発光材料
・Philips ・・・1000 lm光束出力のモノリシックOLED
・Aixtron ・・・有機物の蒸着コンセプトの製造装置
である。

また、ドイツ教育研究省(BMBF)が支援するNEMOプロジェクトは、塗布(solution)系のOLED開発プロジェクトである。NEMOはNew Materials for OLEDs from solutionsを意味し、予算は32百万ユーロである。開発目標は、テレビ、交通表示・照明システムに使用する大面積OLEDの製造用の革新的な材料の開発(multi-layer OLED)であり、参加団体は以下の企業、学術・機関である。
<企業>Merck KGaA(leader), H.C. Starck Clevios GmbH, Ormecon Co. KGaA, DELO Industrie Klebstoffe GmbH
<大学他> Fraunhofer Institute for Applied Polymer Research, Tuebingen大、Regensberg大、Humboldt大、Potsdam大
          
材料とプロセス装置に関しても、BMBFはLILiプロジェクトを2009年7月にスタートした。予算は7.5百万ユーロで、このうち独連邦教育/研究省が326万ユーロ(約4億4,000万円)を提供し、残る423万ユーロ(約5億7,100万円)を企業パートナーで負担する。3年間のプロジェクトである。LILiは Light inlineを意味する。開発目標は、
・大面積OLED高効率デバイス設計
・大面積OLED量産プロセス開発
であり、OLEDを一般照明に応用する上での問題を解決していく。参加企業・機関を以下に示す。
・Applied Materials(開発リーダ) Alzenau 開発センターにて開発
・Merck KGaA (OLED材料開発)
・Braunschweig工科大学

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆大量な特許データから、解析マップにより企業戦略も明らかになる!
「LED照明製品とその製品開発・製品戦略の現状と予測2009」
レポートの詳細な内容とお申し込み
http://gncnet.jp/pub/led..html◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆LED照明産業を製品市場別・企業別にブレークダウン!
「世界LED照明産業年鑑2010」
レポートの詳細な内容とお申し込み
http://gncnet.jp/pub/wledl2009.html◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆世界の有機EL照明産業を地域別にブレークダウン!
「有機EL照明産業年鑑2009」
レポートの詳細な内容とお申し込み
http://gncnet.jp/pub/yuuki_el.html◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ebrain3.blog5.fc2.com/tb.php/1014-c42f55b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。